アナウンス研究会について

団体概要

早稲田大学アナウンス研究会は、1952年創設、会員数およそ200人の早稲田大学公認の放送系サークルです。

発声練習や予め設定したテーマについてフリートークを行う通常活動とニュース原稿読みスポーツ実況セリフ読みなどの専門的な練習を行うゼミ活動の2つの活動を中心に毎日様々な活動を行っており、自分の都合の良いときに参加することができます。

また、企業やサークルからの外部依頼番組制作他大学との交流を盛んに行っていることも当会の魅力です。

アナウンサーになりたい!声優になりたい!実況者になりたい!単純に話し上手になりたい!みんなでサークルを楽しみたい!などどんな目的の人でも楽しめるアットホームな雰囲気のサークルです。

代表挨拶

早稲田大学アナウンス研究会のホームページをご覧いただきありがとうございます。
2020年度委員長、市川優貴です。会を代表してご挨拶いたします。

早稲田大学アナウンス研究会では、アナウンサーや声優になりたいなどといった夢を持った人から、話し上手になりたい、声を使って気軽に楽しみたいなどのささやかな目標を持つ人までがいます。異なる目標を持つ会員それぞれが「伝えたいを伝える」ために、日々の活動に取り組んでいます。

当会は1952年に創設され、半世紀以上の長い歴史を紡いできました。会員は約200名と早稲田大学のサークルの中でも屈指の伝統と規模を誇ります。

「アナウンス研究会」と聞いても、具体的に何をしているサークルなのかはわかりづらいですよね。実際、会の活動は多岐にわたり基本的には声を用いて行なっています。アナウンスメントの基礎である発声・滑舌・フリートークから、アナウンサーのようなニュース読み、声優のようなセリフ読み、スポーツ実況、ラジオDJ、テレビの司会といった実践的な活動まで幅広い環境が整っています。日頃の練習を生かす場として「作品発表会」、早稲田祭でのステージでの生放送企画「サテライトスタジオ」などもあります。さらに、そのようなイベントでは裏方も我々会員自身が行い、話すことだけでなく機材の扱い方も学ぶことができるのです。会員が表舞台に立てて、かつ裏方でも活躍することのできる魅力的なサークルです。当会には全会員の輝ける場所があります。

さらに、ホームページにもある通り、会員たちは日々の活動で磨いた技術を外務依頼という場でも発揮しており、例年数多くの依頼をいただいております。多くの種類の活動があるように、依頼も本当に様々です。会内だけではなく会外へ、アナウンス研究会の活躍の場はどんどん広がっていきます。

1人でも多くの方に「伝えたいを伝える」ことの楽しさや「言葉の力」を知ってもらえるよう、アナウンス研究会をよりいっそう成長させることに努めます。
また、アナウンス研究会を築かれてきた先輩方、そして日頃よりお世話になっている皆様に心より感謝を申し上げます。

これからも早稲田大学アナウンス研究会を何卒よろしくお願いします。

早稲田大学アナウンス研究会 第66代委員長 市川優貴